おみごと!北勢線。おみごと!東員町。

北勢線は、平成26年に開業100周年を迎え、今も現役で走り続ける歴史ある貴重な鉄道です。

北勢線1

三岐鉄道北勢線は、三重県の北勢地方に位置する桑名市、東員町、いなべ市を走る全国的にも珍しい「ナローゲージ」の鉄道です。
「ナローゲージ」とは、標準よりも狭い路線幅の呼び名で、標準の1435mmと比べ、北勢線は762mmしかありません。(JRは1067mm)。
昔は、この線路幅を採用した鉄道が多くありましたが、昭和40年代までにそのほとんどが廃止され、現在では北勢線を含め、日本に3路線しか残っていません。

北勢線2

北勢線は、沿線市町が協議会を立ち上げ、運営を支援しながら、今も地域住民の貴重な鉄道として存続しています。


→北勢線事業運営協議会 公式ホームページへ