おみごと!16年一貫教育。おみごと!東員町

東員町16年一貫教育プラン

東員町教育委員会では、すべての子どもたちが社会でいきいきとした自分の人生を歩めるように、 アメリカの精神分析家のエリクソン(Erikson,E.H 1902 - 1994)の発達理論を参考にしながら「東員町16年一貫教育プラン」を策定し、 保育や教育に取り組んでいます。 16年とは、命が宿ったマイナス1歳から中学校修了の15歳までを指します。

教育1 教育2 教育3

大切にしているのは3感 「3感EDUCATION」

基本的信頼感

「この世に受け入れられているんだ」「信頼してもいいんだ」という気持ち

自己肯定感

「自分は大切な存在なんだ」「自分はかけがえのない存在なんだ」という気持ち

自己有能感

「自分はこんなに得意なことがあるんだ」「頑張れば、きっとうまくいく!」という気持ち



具体的な実践として、こんな取り組みを行っています。

読書登山

読書登山 乳幼児期から義務教育終了までの間に東員町推薦図書を301冊読もうという取り組みです。



東員なわとび検定

東員なわとび検定

全小学校で子どもたちが共通の縄跳びカードを使いながら、1級目指して頑張るという取り組みです。



弁当の日

弁当の日

児童がお弁当作りを通して、食の関心を高め、家族や生産者への感謝の気持ちと、準備から片付けまで自分で行うことで、自立した心を持ってもらおうという取り組みです。


→東員町16年一貫教育プラン(詳細はこちら)