東員町のひと

東員町のおみごと!なひとを紹介します
長南さんメイン ガラスフュージングで日々の中に楽しさを

長南朋子 さん

ガラス製のアクセサリーやインテリア雑貨を制作・販売している長南さん。
教室や体験を通じ、日々の中に楽しさを見つけるお手伝いができればと話します。

いつも身近にあったガラス

 

◎日頃の活動内容を教えてください。

 

自宅の1室を工房として使用し作品を作っています。ここで教室や体験も行っています。また、文化協会が行う体験講座や町内外で開催されるイベントに参加したり、いなべ市にある木まま工房をお借りして、ガラスと木のコラボ作品を作ったりもしています。
最近では、伊勢型紙を取り扱う事業所さんからガラスとコラボしたものが作れないかとの依頼を受け、帯留めやナイトライトを作っています。

活動01
      伊勢型紙とコラボした時計の作品
活動02
 

◎ガラス細工との出会いは何だったんですか?

私が生まれ育った愛知県瀬戸市は陶器が有名ですが、ガラス細工も盛んなところです。
幼い頃からキラキラしたガラスが好きで、大人になってもガラスの時計づくりや吹きガラスなど色々な体験教室に参加しました。
そんな中で、自分でも簡単に作れるようなガラス小物の教室に通い始めたんです。三重県に移住し、教室に通うことが困難になったので自分で窯を購入し、自宅で作品を作るようになりました。
父親が瀬戸市で陶器の絵付けをやっていて、その影響で自分も物を作るのが好きになったんだと思います。

ガラスフュージングには魅力がつまっている

 

◎ガラス細工の魅力、楽しいこと、やりがいなどは何ですか?

色がカラフルで見ているだけでも楽しくなるし、ガラスを触ったときの質感も魅力ですね。また、割ってしまっても再びくっつけて焼けば再生可能な点。焼くこと自体も楽しいです。焼くのは丸一日かかることもありますが、窯に入れて、でき上がるまでがドキドキワクワクします。焼き加減で色や形が変わり、思うようにならないところもまた楽しいです。

魅力01 魅力02 魅力03
 

◎日頃困っていることはありますか?

ガラスに興味がある人となかなか出会えないことでしょうか・・・
知ってもらえる機会をもっとつくらなくてはと感じています。
作品に関しては、ブラスト機(擦りガラス調にするもの)を持っていない(置き場もない)ため名古屋に出向いて借りていることですかね。

 

◎日頃の活動の中で大切にしていることを教えてください。

受け取った人が笑顔になれるように、ひとつひとつ丁寧に作り上げることを大切にしています。
あと、人とのつながり。共通の好きなこと(私はガラス)があると楽しくて、話が広がっていくんです。

 

◎女性の活躍についてどう思いますか?

仕事、家事、育児、介護などの隙間時間を上手に使って好きなことと両立している人が増えていると思います。
最近、ものづくりをしている方のSNSを見ていると、子どもがいても上手にその隙間を使ってやっている人がいて、すごいなぁと思います。

好きなことを楽しめる人が東員町に増えたら良いと思います

 

◎長南さんのような活動(特に女性)を目指している方にメッセージをお願いします。

みなさん子育てなどがひと段落して、「さぁ、何かしよう!」と思ってもなかなか見つからないと思うんです。でも興味のあることがあれば、少しでも口に出して発信し、アンテナをはっていると不思議なくらい情報が入ってくるし、つながっていきますよ。
考えるより、とりあえずやってみることが大事。違ったら、また別の選択をすれば良いじゃないですか。好きなことを楽しめる人が、この東員町に増えてくれたら良いと思います。

 

◎東員町の魅力とは?

住み始めてまだ4年なので詳しくはないですが、住むにはとっても良いところだと思います。名古屋も近いですし、高速のICもでき、なんといっても自然がいっぱい。こちらへ来て始めた家庭菜園。自分で育てたものが食べられるなんて最高です。

 

◎東員町は今後どんな町であってほしいですか?

東員町は静かなイメージ、良い風を吹かせて元気いっぱいの町になって欲しいです。私はガラス作品ですが、まだまだいろいろな活動をしている方がみえると思うんです。そういう方々が集まって、イベントなどにもっと参加したら盛り上がっていくと思いますし、みなさんの得意なことを紹介できる場が増えていくことを願っています。

 

◎これから目指していきたいことを教えてください。

私のできることを活かして、いつまでも元気に動ける身体で、楽しく過ごしていきたいです。私もそろそろ更年期という体の変化の時期を迎えるため、アロマやハーブを利用しながら変化をうまくやり過ごしたいと思っています。そんなことも、つながったみなさんと分かち合えたら良いなと思います。
また、ガラスフュージングをもっと広めていきたいです。電子レンジで「チン」すれば、こんなに簡単にかわいいものができることを知ってもらいたいです。おうちのことを頑張っている女性の方など、少し余裕ができてきて「さぁ、何かをはじめよう!」と思ったときにガラスフュージングが一つの選択肢になれば良いと思います。

ラスト01 ラスト02

(平成29年3月取材)

→Hanacoco(長南さんホームページへ)