東員町のひと

東員町のおみごと!なひとを紹介します
画像 東員日本の第九 合唱団員

池田 文夫 さん

元気に続けてこられたのも、日々動いているから。

今回ご紹介するのは、12月に開催される「東員日本の第九演奏会」に最高齢の91歳で参加する池田文夫さんです。
池田さんは平成元年の第1回から第20回まで団員として参加され、昨年第30回記念公演で10年ぶりに舞台に立ちました。
今年は結団式で誓いの言葉を述べ、 演奏会に向けて練習に励んでいます。

第九以外にも11月の町文化祭では、30年以上続けている書道の作品を出展しています。また陶芸では、 公民館講座で講師を務めるなど、さまざまな分野で活躍されています。
ボランティア活動にも熱心に取り組み、 一人暮らしの高齢者宅に手作りのお弁当を届ける「わくわくボランティア」の代表を務め、昨年には、 団体としてボランティア功労で厚生大臣表彰を受賞されています。

退職後、友人に誘われて書道や陶芸、第九などを始めたという池田さんですが、 それぞれ魅力を伺うと
「書道は精神修養につながり、陶芸は焼きあがるまでどうなるかわからない楽しさがある。創作は奥が深くとても面白い。 第九は初回も今も必ず感動します。元気に続けてこられたのも、日々動いているからかな。暇があれば畑仕事をして、 収穫した野菜はわくわくボランティアなどで皆さんに食べてもらっています。地域の方と交流することで、自分も元気をもらっています。 これからもできる限り続けていきたい」と話してくれました。  

(令和元年12月)


第九結団式