東員町のひと

東員町のおみごと!なひとを紹介します
画像 子どもたちに将棋の楽しさを!

種村 秀光 さん

子どもたちに教えるのが楽しくて、生きがいになっています。

種村さんは、約30年ほど将棋の指導員として子どもたちに将棋を教えています。
昨年秋には、将棋の普及振興に務めた功績が認められ、日本将棋連盟から感謝状を授与されました。 3年前には、全国でも100人ほどしかいない棋道指導員に昇格され、指導力も磨いてみえます。

いつから将棋を始めたのか尋ねると、会社に入ってからとのこと。当時は休憩時間や仕事帰りに、同僚や先輩と将棋を指すのが楽しくて、何となく覚えていったんですよと話す種村さん。
「今は、子どもに教えるのが中心で、同世代と将棋を指すことはほとんどないですが、子どもたちに教えるのが楽しくて、生きがいになっています。教えた子どもたちが立派に成長されて、大会などで再会した時に声をかけてもらえたりと、世代を超えて将棋で交流できるのもうれしいです。」と話されていました。

(平成30年5月)


こども将棋教室